◆現在の展示案内

とっておき!日本画コレクション -東京、京都、大阪、三都の画家たち-

2021年度中の開館を目指すと公式発表を行い、現在開館に向けた準備が進められる大阪市の新しい美術館。本展では、大阪新美術館建設準備室の全面的な協力を得て、開館に先駆けてコレクションの一部を紹介します。

詳細

開催会期:
2018年10月12日(金)~12月9日(日)
【前期】10月12日(金)~11月11日(日)
【後期】11月13日(火)~12月9日(日)
※前期・後期で全ての作品が入れ替わります。
開館時間:
10:00~17:00(入館は16:30までとさせていただきます)
休館日 :
月曜日
入館料 :
一般 1000円、大学生700円、中高生500円、小学生以下無料
※特別割引
本展覧会の前期に有料で入館いただいた方に限り、本展覧会の後期展示は300円引にてご覧いただけます。受付にて本展覧会半券(使用済有料観覧券)をご提示ください(1回限り)。
※障がい者手帳をお持ちの方は無料、付添の方1名半額
※20名以上100円引の団体割引あり
※愛知県陶磁美術館有料観覧券(2ヶ月以内)を持参の方は2割引
※各種割引制度の併用はできません
主催  :
名都美術館・朝日新聞社
特別協力:
大阪新美術館建設準備室
後援  :
愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会・長久手市・長久手市教育委員会

大阪新美術館建設
準備室学芸員による
ギャラリートーク

前期  :
10月12日(金) 10時~、14時~ (研究副主幹 小川知子氏)
後期  :
11月13日(火) 10時30分~、14時~ (学芸員 林野雅人氏)

当館学芸員による
ギャラリートーク
14時~

前期  :
10月17日(水)、10月21日(日)、10月31日(水)、11月3日(土・祝)
11月8日(木)
後期  :
11月18日(日)、11月23日(金・祝)、11月28日(水)、12月5日(水)

美術講座

「大阪画壇の動向」
日時  :
12月2日(日) 14時~15時
講師  :
鬼頭美奈子(当館学芸員)
定員  :
30名 ※要予約(名都美術館 TEL 0561-62-8884)

※各イベント内容は都合により変更することがあります。
※ギャラリートーク、美術講座の聴講ご希望の方は当日鑑覧券が別途必要です。

◆次回開催予定

次回予告 所蔵品展 色のいろいろ -日本画材の魅力にせまる- 2019年1月18日(金)~3月17日(日) 同時開催 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界文化遺産 登録記念II 小山硬 -潜伏キリシタン描く-

◆カレンダー

2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

 休館日

 イベント

スケジュールは都合により日程・内容等を変更することがあります。

【名都美術館 ページトップへ】↑